ドラゴン曲線

どうも 最近更新周期を短くしようと頑張ってます

先日劇場版のけいおん!を見て来まして 素晴らしい作品でした 英語喋れなかったら寿司屋でライブするそうです
まぁ 空港有り、日本食有り、インド人有り、スコットランド・ヤードあり、百合ありとおもしろかったですね。
一言述べるとしたら真田アサミさんがすごくよかった


今回はフラクタルなドラゴン曲線を書こうと思います PILを仕様
速攻で組んだのでコードがこの有様 読みにくい 

turn関数で進む方向を決めて dragon関数で進んでる感じですね 
pic関数はあらかじめ作る画像のサイズの大きさの上界です やたら余分にとってしまいますが
Habaを変えることで一つの線分の長さを変えれます
Haba=4で14段階目までやったものがこちらです。

いやー 圧巻ですが上のほうが余分ですね 細かい計算をしたら削れるんでしょうが まぁ我慢しましょう